ペットの捜索はペット探偵にお任せ!

探偵は居なくなったペットをどうやって探している?

捜索方法と専用アイテム!

捜索方法は?

それでは実際にどのような方法で捜索を行うのでしょうか?
まず基本的に重視されるのが、動物の習性です。
例えば猫の習性を上げると、雨を嫌う、ほかの猫のにおいを嫌う、などです。
こうした習性を踏まえ、雨の日ならば雨宿りできる場所を重点的に探していきます。
また猫は自分以外の猫のにおいに敏感です。
自分が家を空けている間にほかの猫の出入りがあるだけで帰らなくなってしまうこともあるのです。
ほかにも猫同士のけんかに負けてしまい、迷子になってしまうこともあります。

このように動物本来の持つ修正を利用し、場所を絞り込みながら捜索を進めていきます。
猫は基本的に帰巣本能があると言われていますが、人間と同じように方向音痴で帰り道が分からなくなってしまう猫もいますので、注意が必要なのです。

捜索に使うツールは?

捜索するにあたってもちろん重視されるのは人間の足ですが、知らないペット探偵から探されているとわかると余計帰ってこなくなるかもしれませんよね。
ほとんどのペット探偵は様々なツールを活用しています。
その道具をいくつかご紹介していきます!

まず夜間の捜索に必要な懐中電灯や暗闇を撮影できるカメラなどです。
ほかにも捕獲機と呼ばれるゲージは中にえさや好んでいるおもちゃなどを入れておびき寄せます。
さらに小さい犬や猫を捜索する際に、排水溝やトラックの影、小さい隙間を撮影できるマイクロスコープも利用されます。

こうした捜索専用のツールだけではなく、以前までよく使っていたおもちゃやおやつなども、においでおびき寄せる際に必要となってきます。